乳がんの症状と食事療法の改善例

乳がん患者は急増、女性の20人に1人はかかるといわれています。

乳がんは乳房にできるがんですが、女性がもっとも罹りやすいがんです。
乳がんになる人の約99%は女性ですが、ごく稀に男性も乳がんにかかることがあります。
現在の日本では乳がん患者が急増しており、一生の間に20人に1人はかかるといわれています。

乳がんにかかりやすいタイプには、次のような人が考えられます。

・家族に罹ったことがある人がいる
・高齢出産(30歳以上)した人
・出産経験がない人
・初潮が11歳以下と早い人
・閉経が55歳以上と遅い人
・閉経後に過度の肥満になった人
・更年期障害等のホルモン療法を10年以上受けている人

乳がんの患者数を年代別に傾向をみると、30歳代で増加し始め、40から50歳代でピークとなり、その後少しずつ減っていきます。
30歳代~50歳代で乳がんにかかる人が多いのですが、70〜80歳代でかかる可能性もあります。

乳がんの症状で代表的なものが、乳房内のしこりです。

乳がんはしこりを作るタイプのものが多く、しこりの直径が5mm~1cmぐらいの大きさになると、自分で乳房を触ることで発見できます。

また乳がんの症状ではしこりの他にも、乳首からの分泌物・皮膚のひきつれやくぼみや腫れ・脇の下のリンパ節の腫れなどの症状がでることもあります。

乳ガンの母が食事療法で治すと決意!

「手術しましょう。結果によっては放射線治療が必要です」と病院の担当医。
母親が乳ガンと診断され、このように言われたとき
あまりにも受け入れがたい現実にその場に立ちつくす私・・・。

担当医の言うまま治療しても治るという保証はどこにもないし、
副作用が大変なことも聞いていたので悲しくて泣きたい気持ちになりました。

しばらく何も出来ずにいましたが、伯父の知人から食事療法の話を聞き、
私も『副作用がないなら、やってみる価値はあるよ』と母に勧め、
母も『これで治す』と決意。

食事療法のことを病院側に伝えるか伝えないかという話も含め、
家族会議をひらき“手術は受ける”“病院とのやり取りは穏便にする”
“食事療法を併用していく”ことをみんなで確認し合いました。

手術が終わり、医師から「結果は決して安心できるものではありません」
「やはり場合によっては放射線になります」と言われ、
家族全員がガッカリして、もう食事療法に賭けるしかないと思い、
食材・食事のすべてを切り替え、毎日3食作り実行しました。

その甲斐あって母は6ヶ月間におよぶ抗ガン剤投与にも何とか耐えることができ、
たった1年で軽い運動もできるほど元気になったのです。
その間、私も母に付きあってまったく同じ食事をしていました。

最初は食べたいものを我慢し続けるのは大変な忍耐が必要なのでは
と思いましたが、ある程度の期間が過ぎると食べないのが当たり前
という気持ちになり、母も私も少しの違和感や苦労感なく続けられました。

井上先生にはことあるたびに励まされ、何度もアドバイスいただき、
心より感謝しております。ますますのご活躍をお祈りしております。


井上俊彦先生のメディカル・イーティング

★☆★メディカル・イーティング<ガン篇>が対象としている病一覧★☆★
胃ガン/肺ガン/大腸ガン(結腸・直腸)/乳ガン/肝臓ガン/脾臓ガン/前立腺ガン/腎臓ガン/白血病/甲状腺ガン/膀胱ガン/食道ガン/皮膚ガン/子宮ガン/卵巣ガン…など
 

サイトマップ