ガン細胞が生まれる原因

なぜ煙草を吸わない人でも肺ガンになるの?

お酒を毎日飲んでいてもガンにならない人がいるかと思えば、
煙草を吸わない人が肺ガンになるなど、人によって違うのものです。

では、ガン細胞はどうして生まれるのでしょうか?

これについても、尊敬する近藤先生のお話が参考になると思います。

近藤先生の説は「人はみんな容量の異なる発ガンバケツを持っている」というものです。

少し詳しく紹介しましょう。

遺伝子にキズをつける原因には、放射線、タバコ、農薬、大気汚染などいろいろあります。

よく「食品添加物には発ガン物質が多い」と言われますが、
体にいい食品の代名詞、豆腐の凝固剤だって添加物ですね。

また、自然食品店の有機野菜には泥付きのものがありますが、
その泥に高濃度の有害物質が含まれている、ということもあります。

大気中にも、水道水にも、ミネラルウォーターの中にも、そして紫外線にも発ガン物
質はいろいろと含まれています。

毎日の生活の中で、太陽の光を浴び、息をして水を飲むだけで
つまり、生きているだけで、発ガン物質はどんどん身体の中に侵入してくるんです。

ところが、「発ガンバケツが今どのくらい満たされているか」で、
身体に侵入してくる発ガン物質の量は同じでも
「発ガンする、しない」に違いがでるということです。

タバコの発ガンリスクも、毎日の本数や年齢、吸ってきた年月によって変わってくるので、
人によって異なり、なかなか計算が難しいようです。

ですが、お酒を飲みながら喫煙すると、タバコに含まれる発ガン物質がアルコールに溶けて、
体内に浸透しやすくなります。

ガンの一口コラム関連コンテンツ

抗がん剤には、つらい副作用と、寿命を縮める作用しかない!?
ガンの治療法の一つに抗がん剤があります。 がんが見つかると、誰でも「治療しない」ことに耐えられず、「やれることはすべてやりたい」 と ..... >> 続きを読む

余命とは平均値ではなく、生存期間中央値のこと
ガンになって治療が難しくなったときに、医者から余命を告げられることがあります。 この余命について、あまり良く理解できていない人が結構多 ..... >> 続きを読む

近藤誠先生の「がんもどき理論」は、多くの方の支持を得ています。
100万部のベストセラー『医者に殺されない47の心得』の著者近藤誠先生の「がんもどき理論」が、多くの方の支持を得ています。 そもそも「 ..... >> 続きを読む

なぜ医者はガンの余命を短く言うのでしょうか?
私の友人が医者から「余命3ヶ月」と宣告されて5年が経ちました。 今では、かなり元気に回復したようで、このままいくと、もっと長く生きていけそ ..... >> 続きを読む

ガンで「この手術は本当に必要なのか」を徹底検証してから決める!
私の周りにはガンで亡くなった人が結構たくさんいます。 その内の一人M君の場合は悲惨な結果に終わってしまいました。 彼が食道ガンと ..... >> 続きを読む
★☆★メディカル・イーティング<ガン篇>が対象としている病一覧★☆★
胃ガン/肺ガン/大腸ガン(結腸・直腸)/乳ガン/肝臓ガン/脾臓ガン/前立腺ガン/腎臓ガン/白血病/甲状腺ガン/膀胱ガン/食道ガン/皮膚ガン/子宮ガン/卵巣ガン…など
 

サイトマップ